☆ティップラン釣行記☆

2018年11月19日 00:27 

佐賀店 日髙

ポイント佐賀店の日高です!

伊万里 久原港出港の「Eフレンズ」さんで

またまたティップランエギングに行ってきました。






今回の同行スタッフは姉川さん。



釣り開始早々、ティップランエギで良型アコウ釣ってました(笑)

もってますね~


私の使用ロッドはゼロドラゴンの「SH753」。



高感度ロッドで小さなアタリもとらえまくって・・・



小型アオリに鬼アワセして、

ゲソをちぎってしまいました・・・
(ゴメンネ)


ティップランでは、ティップ(穂先)の小さな変化をとらえる釣りなので
高感度ロッド「SH753」は手放せません!




今年の冬は暖冬と言われていますが、まさにその通りで、

昨年の今頃の釣りでは防寒着を着用していましたが、

今年はまだレインウェアで大丈夫な状況・・・


水温もまだまだ高く、ティップランエギング最盛期の水温になるのは
12月中旬くらいかもしれません。


当日の天候はくもり・・・

同船者の方々はブルー夜光系のエギでキロクラスの良型を釣られていました。

私もブルー夜光のゴールドアジの2.5号にパタパタシンカーの15gをつけて
アタリをとらえますがリリースサイズ・・・

釣り開始2時間はベタ凪でしたが、急に天候が変わり、強風&大雨に変わりましたので
カラーが絞れない状況で活躍する

DUEL フラッシュフィンTR3.0号40g DMM

オールマイティマスターカラーをチョイス。







どうにかキープサイズをゲット!



連続ヒット!



姉川さんとのダブルヒットもありました。


雨がやみ、雲のすきまから太陽の光がさし込みはじめると

オールマイティマスターで当たらなくなったので、

太陽光があるときに有効と勝手に思っている

フィンプラスTRラトル3.0号25g LGOG 夜光ゴールドオレンジ



濁り潮マスターカラー

仮面シンカー10gを装着してヒット!




楽しい釣行となりましたが、サイズに不満が残りました・・・

状況に応じたカラーチェンジ、シンカーの微調整など良型のイカのいる層に
いかにアジャストさせるか…(マニアック?)

そこら辺を反省点にして、12月最盛期のティップランに挑みたいと思います。

何回行ってもまた行きたいと思ってしまうのが

ティップランエギングの魅力だと思います。



やっぱり釣りって楽しいな♪




クーラーの中で、水抜き穴がたくさんあるトレイにイカを入れていたら

水玉模様になっていました(苦笑)