むらさきブログ手長エビ釣り編2

2018年05月19日 16:02 

熊本富合店 むらさき

こんにちはpoint熊本富合店のむらさきでございます

いよいよ手長エビがたくさん釣れる時期になってまいりました

今回も状況を確認するため、緑川の六間堰で手長エビ釣りを行いました。

今回は潮が引いていく時間帯で手長エビを狙いました。



釣り場に到着して準備を行いましたが、

潮はかなり引いてしまっており、時合を逃してしまいそうでした。

あわてて準備します

竿は引き潮の時は長い竿が釣りやすいので、

360の竿に ささめの手長エビ沈めマーカー仕掛とウキ釣り仕掛を使用しました。

エサはキスゴ虫を使用しました。

手長エビがいそうな場所に仕掛を入れ込んでいきます。

投入していた仕掛を上げてみると、強い引きがありました。

 

ハゼが釣れました。

その後も連続でハゼが釣れたため、手長エビはいないのだろうか?

と心配しましたが、



まずは小型の手長エビが釣れました。

エビは同じ場所に群れでいることも多いので、同じ場所を重点的に探りますが、

この後も小型のエビしかアタリはなく、

どこか大きなエビはいないものかと石と石の間が深そうなところに仕掛を沈めます。

すると、

 

良型が釣れました。

 

良型が釣れるとうれしくなります。

その後も釣れ続きますが、

 

潮が引いてくると、たくさんの石が見えて来ました。

潮が引いていく時は長い竿を使うと先まで行かなくて良いので、

安全に手長エビ釣りを楽しむことができます。

大きな石の裏を探ってみると、また、手長エビが釣れました。



手長エビのハサミに挟まれると少し痛いです。

さらに釣り続けて、



十分楽しむことができました。

大きな手長エビがいそうな場所を探していると、

なんとカラスがエサのキスゴ虫をくわえているではありませんか

追いかけましたが、カラスは飛んで行ってしまいました

ここでエサがなくなり、突然手長エビ釣り終了となりました



今回は手長エビはすべて放流してまいりました。

手長エビ釣り楽しいです。

また、チャンスがあればチャレンジしたいと思います。

次回は大きな手長エビをたくさん釣り上げたいと思います

手長エビ釣りチャレンジされてみてはいかがでしょうか?

point熊本富合店ではいろいろな手長エビ釣りの竿や仕掛やエサをご用意いたしております。

釣りにお出かけの際はぜひpoint熊本富合店をどうぞご利用くださいませ













くわしくはこちらをしてくださいませ


下記からpoint熊本富合店をお友達に入れて頂きますと
お得な情報が入ります。

友だち追加数