むらさきブログ姫戸サビキ釣り編

2018年05月21日 12:10 

熊本富合店 むらさき

 こんにちはpoint熊本富合店のむらさきでございます

順番が逆になりましたが、姫戸の研修で私はサビキ釣りを行いました。

このサビキ釣りの時のご報告です。

港で海面を見てみると、



小魚がたくさんいました。

写真でわかりにくく申し訳ございません。

尻尾が黄色く薄い色をしているのがアジゴでございます。

すぐにサビキ釣りの道具と餌を準備いたしました。





アジVоl.1と常温で保存できる便利な赤アミ純生アミエビを混ぜて

マキエを準備致します。

マキエをドンブリカゴに詰めて、中層で仕掛を上げ下げします。

しばらく待っていると、アジゴが釣れました。

さらに釣り続けると、



数も釣れるようになりました。

まだアジゴも小型の為、もっと良型の魚が釣りたいということで、

サビキの針1本1本全てにキスゴ虫を取り付けて、大物を狙う事にしました。

ドンブリカゴにマキエを詰めました。

ドンブリカゴを一度底まで沈めて、カゴを上げ下げして、

撒き餌を出して大物を誘います。

しばらく待つといきなり大きな引きがありました。




ガラカブが連続して釣れました。

更に釣り続けていると、

強い引き込がありました

堤防の下の中にもぐり込まれてしまいました。

何度か上げ下げしても何も動きません

竿を沖に向けて、仕掛が切れる覚悟で強く引き上げてみると、

少し浮き上がったと感じたら、強い魚信です




小型ですが、クロを釣り上げることができました。

サビキ釣りはサビキの針に虫エサを付けるなど釣り方を工夫する事で、

いろいろな魚が釣れて楽しいです

これからサビキ釣りの本格的なシーズンとなります。

楽しみです。

point熊本富合店ではいろいろなサビキ釣りの道具や仕掛、エサをご用意いたしております。

釣りにお出かけの際はぜひpoint熊本富合店をどうぞご利用下さいませ